カードローンの審査基準と申し込むときの注意点

カードローンで一番問題となるのは、審査です。審査をクリアすれば、お金を借りることができます。しかし、審査で落されてしまうと、お金を借りることはできません。お金を借りたい人にとっては、大きな問題となるポイントです。審査をクリアするためには、返済能力が重要です。返済能力が高いと認められれば問題ありませんし、低いと判断されると落されます。返済能力が高い人とは、高収入な人です。収入が多い人ほど返済が滞る可能性が低いので、業者は安心して貸し出すことができます。また、安定した職業の人も返済能力が高いとされ、一流企業の正社員や公務員は有利です。一流企業に勤めていたり公務員として働いていると、よほどのことがない限り職を失うことはありません。ですから、突然仕事を失い返済できなくなる可能性が低いので、高収入の人と同じくカードローンは利用しやすくなっています。

反対に返済能力が低いのは、収入が少ない人、不安定な職業の人です。正社員でも収入が少ないと落される可能性はあり、アルバイトやパート、フリーランスの人はカードローンの利用が難しくなっています。しかし、カードローンの審査というのは、それぞれの業者によって違います。あるカードローンで落された人でも、別のカードローンなら審査に通る可能性があるのです。ですから、少しでも審査に対して不安があるなら、通りやすいカードローンに申し込みをするのが良いでしょう。たとえば、消費者金融です。消費者金融は比較的お金を借りやすく、アルバイトやパート、フリーランスの人でも問題ありません。収入が少なくてもお金を借りられる可能性はあるので、諦めることはありません。ただし、消費者金融のなかには、無審査で貸し付けを行う闇金融も存在しています。闇金融からお金を借りると返済できなくなりますから、絶対に利用してはいけません。カードローンの申し込みは、業者の信頼性を確認してからにしましょう。