カードローンと借り換えについて

カードローンを利用している人の中には、利息が高いと感じてしまう人は少なくありません。金利を確認し、納得した上で契約をして利用をしていても、実際に返済が始まると、月々の利息の負担が大きいと感じてしまう事は珍しくありませんが、利息の負担が大きいと感じてもそのまま返済を続けるしかないと諦めてしまっている人もいるでしょう。ですが、借り換えをする事によって、利息を減らす事ができます。これは18%、もしくは18%に近い金利が採用されている消費者金融で借入をしている人に有効な方法です。カードローンの金利というのは、消費者金融は18%が主流ですが、銀行の場合は14%から14.5%程度が多くなっています。ですから、消費者金融から銀行に変わるだけで、金利は大幅に下がる事になります。

消費者金融で借入をしている人が、銀行で審査を受けても通らないのではないかと考える人は少なくありません。一般的に、審査というのは銀行は厳しめで、消費者金融は甘めとなっています。その為、消費者金融では通っても銀行は通らない、ましてや消費者金融で借入をしている状態では通らないと考えてしまう人は少なくありませんが、顧客を増やしたい銀行も多くあり、こうした銀行であれば、審査に通る可能性があります。この時、借り換えを考えている事を伝える事がおすすめです。消費者金融で借入をしている時に返済の遅れ等がある人の場合は、審査に落ちる可能性が高くなります。ですが、消費者金融の高い金利でも遅れる事なく返済を続けてきた人であれば、銀行の金利であれば問題なく返済を続けていく事ができる能力があると考えて貰いやすくなります。ですから、消費者金融で借入をしていた人が、借り換えの為に銀行で審査を受けると、無事に通るという事は珍しくありません。利息の負担が大変と悩んでいても、金利というのは変わる事はありません。少しでも利息を減らしたいのであれば、借り換えを考えてみる事が有効です。