ネット広告で見かける事が多いカードローンとは

急にお金が必要になった時など、銀行や消費者金融のカードローンを利用した場合、最短30分などの時間で審査結果が分かり、すぐに契約を結べば即日融資を受ける事が出来るようになるなど、いざという時に役立つ存在になってくれます。しかし、カードローンがどのようなものなのか知らない人にとっては、急な用立てにはどうすれば良いのか迷う事も多いのではないでしょうか。カードローンとは銀行や消費者金融、信用金庫などが用意している個人向けのローン商品の一つです。信用金庫などの場合は、フリーローンとカードローンの2種類を用意している金融機関が多くありますが、フリーローンとカードローンの大きな違いは、お金を借りる事が出来る回数の違いになります。フリーローンの場合は、50万円を借りた場合、利用枠の上限に達した場合、全額返済を行う事で契約満了になり、再び50万円を借りる場合には、申し込みを行って審査を受ける、契約手続きを行う必要があります。

しかし、カードローンの場合は、利用枠の上限に達した時に、まとまった金額のお金を返すと、返した分だけ利用枠が戻る仕組みになっています。例えば、利用枠が50万円で、すべての金額を使い果たした場合でも、50万円を返せば再び50万円の利用枠が戻る、繰り返しお金を借りる事が出来るなどの魅力があります。銀行や消費者金融のネット広告などの多くは、カードローンやフリーローンの案内を行っている広告でもあり、以前から気になっていた人も多いのではないでしょうか。フリーローンやカードローンはお金の使い道が原則自由になる、保証人や担保などが要らない、利用限度額が一定額以下であれば収入証明書の提出が不要などの共通点を持ちますが、繰り返し何度でもお金を貸して貰う事が出来るのカードローンの魅力になっています。尚、カードローンは専用のカードが発行されるタイプと既存のキャッシュカードにカードローン枠が追加されるタイプがあります。