カードローンの金利についての基礎知識

「金利」は、カードローンなどでお金を借りると発生するものであり、それを利息として、元金と合わせて返済しなければならないものです。実際にカードローンを利用する場合は、「実質年率」と呼ばれる数字によって表されています。この実質年率は、手数料や保証料等をプラスしたものですが、ほとんどのカードローン会社では、この手数料や保証料等が無料となっている場合が多いため、特別なケースを除いて、「実質年率=金利」と考えても差し支えないでしょう。次にカードローンで設定することが可能な「上限金利」については、その上限が、出資法と呼ばれる法律によって年利20%までと決められています。また、これとは別の利息制限法と呼ばれる法律では年利15~20%までと規定されています。ですので、この上限を超えるような貸付が行われている場合は違法となるため、絶対に利用しないようにしましょう。そしてカードローンは、銀行と消費者金融が行っていますが、この両者は設定される金利に違いがあります。相場としては、銀行の場合は、年利で3~15%程度ですが、消費者金融の場合は、年利で5~18%程度が一般的とされており、両者には3%程度の違いがあると言えるでしょう。3%というと、ごくわずかな違いのように感じますが、返済の方法によっては、返済額の合計が1割程度違ってくる場合もあるため、その点もよく考慮する必要があるでしょう。

さらに、同じカードローンの会社で借りる場合でも、利用限度額(借入限度額)が高い場合ほど金利が低くなるということがあります。これは信用度が高い人ほど多くのお金が借りられて、なおかつ金利も安くして貰えるということです。ですので逆に言えば、信用度の低い人はあまり多くのお金が借りられず、利息も高くなってしまうということになるでしょう。また、返済が期限より遅れてしまった場合については、ペナルティとして、通常の設定よりも高い、上限金利である15~20%を支払わなければならなくなる場合が多いため注意が必要です。