仮想通貨はこれからどうなるか?客観的に考える

仮想通貨は決済として使われていくのか

専門家などが様々な意見を出しているビットコインを代表とする仮想通貨はこれから先に、一般市民に根付いていくのか?この問題はまだまだ議論に結論がでません。

ビットコインは世界中の投資家たちの売買により、取引量が最も多いため送金詰まりを起こすことが度々ありました。ハードフォークによって生まれたビットコインキャッシュや後発組の仮想通貨の開発者は、クレジットカードのVISAの決済速度を目標にアップデートを繰り返しています。仮にこのまま投機だけで仮想通貨が使われていくといつかは存在自体がなくなります。世界で見ると仮想通貨を否定的に捉える国は少なくなく、完全に取引を禁止している国もあります。アジアなど発展途上国は法定通貨が、仮想通貨に流れて税金の減少などを恐れ禁止しているという背景もあります。中国はまさにこの影響が強く、法定通貨である元の価値が下がるのを恐れています。

昨今の決済手段はスマートフォンによるITとクレジットカードが組んだサービスが浸透しており、現状で満足しているユーザーも多く、わざわざ価値が変動する仮想通貨を買ってまで、決済手段にしようとは思わない方も多いでしょう。coincheckのNEM流出の事件を受けて、仮想通貨のイメージダウンは確実にあります。

海外では前向きに検討している国も

日本のような先進国では難しいですが、ハイパーインフレが起きた国では自国の法定通貨が紙きれ以下の国も存在します。また国の政府や経済が安定しないと法定通貨の価値に信用できずビットコインに変えておこうという流れが起きた国もありました。こういった国々では仮想通貨が多いに貢献しているのです。また先進国であれば仮想通貨専用のATMもあり、国境を越えても両替が簡単にできるのです。

未来は仮想通貨で変えられるかというと、まだまだ不透明な部分はあります。しかしブロックチェーンという技術は決済だけではなく国のインフラにもなろうとしています。またP2Pを利用することにより第三者を介さなくても信用できる仕組みが出来つつあります。個人的にはインフラの方に未来を感じていますので、そういう面ではとても楽しみでもあります。

仮想通貨でお金とは何かを改めて考えて欲しい

みんな意外とお金とは何かが説明できないものです。「コインとか紙幣のことでしょ」「国が発行しているものです」などの答えが返ってきそうです。これらは間違いであり、お金がない時代からなぜお金が出来たのかを考えていくとヒントが見つかります。是非、深く調べてみてください。