マンションは貸すくらいなら売る方が良いのか

いつまでも入居者がいる訳ではない

基本的には管理会社を選んで入居者の管理も部屋の管理も行ってもあるということになるとはわかっていましたが、その管理が適切に行われているかどうかを知るすべもなくなってしまうのが心配になりました。
当面は入居者がいて利益を生むことができたとしても、だんだんと入居を希望する人がいなくなって管理費用ばかりがかさむようになってしまうリスクを考えたのです。
二つ目の理由はローンの関係で問題が生じることでした。
住宅ローンを借りて手に入れていたので、もし賃貸目的で使用することになると住宅ローンが適用できないのが原則でしょう。
リロケーションの場合には黙認されていることも多いですが、より適切な対応をしようと考えると不動産投資ローンなどを利用して住宅ローンから借り換えを行わなければなりません。
利率が高くなってしまって返済しなければならない金額が大きくなるのは心配な点でした。
その不安に悩まされるくらいなら売ってしまってローンがない状態から生活を始めたいと考えました。
不動産投資ローンがあることによって住宅ローンが組めなくなってしまい、転勤先で新たにマンションを買いたいと思ったときに難しくなってしまうのも気がかりになっていた点です。

マンションを購入したら転勤になったいつまでも入居者がいる訳ではないどちらも選択肢としてはあり